2005年11月19日

七五三 番外編 ちょっと残念だったコト


あまりこのサイトにネガティブなコトは書きたくないのだが、情報として残しておこう。


先週・今週の七五三はジャスコの企画で実際の運営は“内藤城”  http://www.naitojo.co.jp/ だ。
先週の和装の時は問題なかったのだが、今回はちょっとガッカリするコトがあった。

“14時〜”だったのでちょっと早めに入ったんだけど、やたら“せかされた”。
百璃はしっかりメイクして髪もセットしてドレスに着替えてからの移動だったが、のんのんがメイクする頃にはず〜っとせかされて・急き立てられて、結局メイクと髪のセットだけしてドレスには着替えずに撮影場に移動だった。。。



先週のカメラマンさんは NHK の『お母さんと一緒』のお兄さんかってぐらい子供の扱いもうまく、イヤ、“子供の扱いが上手い”という表現は正しくなく、『子供に相対する態度』がスゴく良かった。
任せて安心だった。

ところが今日の女性のカメラマンは、「ウワ〜ッ、研修中の新入りさんに練習されてんのかよ?」ってのに当たってしまった と思った。

モロに「アタシは子供が大嫌いです」オーラ出しまくり。
スグに短気をおこし、「あ〜、じゃあもうヤメちゃおっか。やめ、やめ」などと言ったり、
「ハイハイ、どこ見てんのッ!! コッチコッチ」とタンバリンをバンバンバン。。。

コレじゃもも・ののじゃなくても笑顔なんて出ないよ。


内藤城のウェブサイトには「プロのカメラマンが」云々と書いてあるけど、到底信じられない。。。





撮影中ずっと中を覗いている母親がいて、何だ?おかしいな? と思っていたら、和果の撮影が終わった瞬間その場で内藤城のスタッフがのんのんの来ていたドレスをひん剥いた。。。

「次待ってるから」とか言ってたけど、そもそも時間で予約してたハズだろう。


ダブルブッキングか


ドレスの時は外出がなかったので、通路でだけでもせっかくのドレス姿を撮影したかったのに、残念ながらのどかのドレス姿は撮れなかった。。。





撮影場でドレスをひん剥かれてしまったのでのんのんは下着だけで着替え室へ移動。
実はオレ自身この時はあまり気にしなかったのだが、これって明らかに












子供の人権を踏みにじってる













内藤城のスタッフに下着姿でジャスコの店内歩けって言ってもやらないだろうし、もしもそんなコトを無理強いしたら大問題だろう。





















じゃあ、子供なら いいのか?




自分も鈍感だったことを悔やんでいるが、子供の人権はやはり軽んじられ易い、しっかりと守らなくちゃいけない と痛感。





それにしても、二人なのでこれで13万円と聞いているが、












非常に納得いかない










■内藤城   http://www.naitojo.co.jp/








posted by ♪もも・ののパパ♪ at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ♪もも・ののちゃん(百璃&和果/Momori&Nodoka) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。